7月5日、カタールが4日発表した液化天然ガス(LNG)生産の大増産計画は、オーストラリアや米国、ロシアなどの競争相手に対してアジアなどでの顧客争奪戦を仕掛けようとしている。カタールの首都ドーハで6月撮影(2017年 ロイター/Naseem Zeitoon)

[シンガポール 5日 ロイター] - カタールは4日、液化天然ガス(LNG)生産の大増産計画を発表して市場を驚かせた。今後5─7年で年間生産量を世界の全供給量の3分の1に当たる1億トンに高める方針で、オーストラリアや米国、ロシアなどの競争相手に対してアジアなどでの顧客争奪戦を仕掛けようとしている。国交を断絶したサウジアラビアなどアラブ4ヵ国との長期的な対立に備えようという姿勢もうかがえる。

 カタールは世界最大のLNG輸出国。近年はオーストラリアの挑戦を受けている中で、増産はその地位を守る上で役立つ。またアナリストによると、カタールは生産コストが低く、インフラも整備されているので、競争で優位に立てる条件が十分にそろっているという。

 サンフォード・C・バーンスタインの石油・ガスシニアアナリスト、ニール・ベバリッジ氏は「カタールは市場シェアを失いつつあるが、再びLNG市場でナンバー1になれる可能性がある」と指摘した。

 市場シェア争いの主戦場はアジアだ。この地域はLNGの全世界消費の70%を占め、LNGは汚染物質を排出する石炭を使わずに、増大するエネルギー需要を賄うことができる重要な資源とみなされている。

 最も大口の消費先は日本や韓国などの電力会社で、これらの業界からはカタールの増産計画には意表を突かれたとの声が聞かれた。韓国ガス公社(KOGAS)の広報担当者は「なぜカタールが増産するつもりなのかを解明する必要がある。われわれはカタールから新規のLNGカーゴを輸入する計画はまだ持っていない」と話した。