日銀の金融市場局は7日、国債を固定利回りで無制限に購入する「指し値オペ」と国債買い入れの増額を実施したことについて、「足元、長期金利が大きく上昇していることを踏まえ、10年物国債金利の操作目標を0%程度とする金融市場調節方針をしっかりと実現するよう実施した」と説明した。