[東京 7日 ロイター] - 白井さゆり前日銀審議委員(慶大教授・アジア開発銀行研究所客員研究員)は7日、ロイターのインタビューに応じ、日銀は金融緩和策の持続性確保と国債市場の機能改善のため、現行の金融政策の枠組みを見直すべきと提言した。具体的には、現在の楽観的な物価見通しを現実的なものに修正し、それに応じて国債買い入れ額を段階的に減額していく必要があると語った。

(伊藤純夫)