[東京 10日 ロイター] - 財務省が10日発表した国際収支状況速報によると、5月の経常収支は1兆6539億円の黒字となり、前年同月に比べ1037億円減少した。貿易収支が赤字になったことから4カ月ぶりの減少となった。

経常収支のうち、貿易・サービス収支は730億円の赤字だった。第1次所得収支は1兆9243億円の黒字、第2次所得収支は1973億円の赤字だった。

貿易収支は1151億円の赤字。輸入額の増加が輸出額の増加を上回り、赤字に転落した。

ロイターが民間調査機関に行った事前調査の予測中央値は1兆7963億円程度の黒字で、実際の黒字額はこれを下回った。

*内容を追加します。