[パリ 11日 ロイター] - JPモルガン・チェース<JPM.N>のダイモン最高経営責任者(CEO)は11日、英国の欧州連合(EU)離脱後にドイツのフランクフルトを欧州事業の法律上の本拠地とする見通しを示した。パリで開かれた金融機関の会合で語った。

ダイモン氏は、フランクフルトが本拠地になる理由について、同社が既に免許を取得していることためと説明。

ただ、実際に人材を配置する場所については「パリ、オランダ、マドリードになるかもしれない。まだ決定していない」と話した。