[フランクフルト 11日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は11日、一段のユーロ安はECBが過去2年半にわたり実施してきた大規模な債券買い入れプログラムの手段でも目的ではないとの見解を示した。

同専務理事は「通貨の下落は金融政策の副次的影響であって、政策の効果波及の主要な経路でも目的でもない」と強調した。