[チューリヒ 12日 ロイター] - 東芝<6502.T>傘下のスイス次世代電力計(スマートメーター)大手ランディス・ギアは12日、新規株式公開(IPO)で最大24億スイスフラン(24億9000万ドル)の調達を目指す方針を明らかにした。

IPOの仮条件は1株当たり70─82フランで、調達見込み額のレンジは21億─24億フラン。

オーバーアロットメントオプションはなく、東芝と少数株主の産業革新機構(INCJ)はすべての保有株式を売却する。

スイス証券取引所への上場は7月21日の予定。