[ワシントン 12日 ロイター] - トランプ米大統領の長男、ドナルド・トランプ・ジュニア氏が昨年の米大統領選中に、クリントン元国務長官に不利な情報提供を受けるためにロシア人弁護士との面会を快諾したことを示す電子メールが公開されたことを受け、トランプ大統領は12日、息子は「潔白」としてジュニア氏を擁護した。

大統領は、ジュニア氏が11日夜に応じたテレビインタビューについて「息子はよくやった」とツイッターに投稿し、「彼はオープンかつ率直で、潔白」であることを示したと指摘、「これは政治史で最大の魔女狩りだ」と批判した。