[東京 13日 ロイター] - 東芝<6502.T>は13日、2017年3月期の有価証券報告書で監査を担当するPwCあらた監査法人が意見不表明とすると東芝に伝えたとの同日付朝日新聞の報道について、そうした事実はないとのコメントを発表した。  

東芝は引き続き、独立監査法人の監査手続きに全面的に協力し、延長後の提出期限である8月10日の有価証券報告書の提出に向け全力を尽くすとしている。

東芝株の前場終値は約3%安。

*内容を更新しました。