[シンガポール 14日 ロイター] - MSCI世界株価指数<.MIWD00000PUS>が14日、過去最高値に上昇、アジア株も5営業日続伸している。米連邦準備理事会(FRB)が緩やかな利上げの道筋を示唆したことや企業決算への期待を背景にリスク資産が買われている。

MSCI世界株価指数は小幅高で推移。一時、過去最高値となる471.41を付けた。週間では1.6%高となる見通し。

MSCIアジア太平洋指数(日本を除く)<.MIAPJ0000PUS>は0.3%上昇して2年ぶりの高値を付けた。週間では3.3%上昇する見通し。

CMCマーケッツのチーフ市場アナリスト、リック・スプーナー氏は「今後数週間は米企業決算が市場の主な材料になる見込みだ」と指摘した。