7月13日、シンガポールで新たに売りに出される超高層マンション64階にあるプール付き3階建てペントハウスの希望価格は、7200万ドル(約81億円)という目もくらむような金額に達している。写真右は、同ペントハウスの入る超高層複合ビル「タンジョン・パガー・センター」。昨年2月撮影(2017年 ロイター/Edgar Su)

 今年後半に正式に発表される予定のウォーリックレジデンスのペントハウスは、シンガポールで最高層となる建物の中に入っている。裕福で安定した同国は、東南アジア周辺諸国の超富裕層や中国本土の大富豪を引き寄せている。

 グオコランドが建設した超高層複合ビル「タンジョン・パガー・センター」内にあり、「空中のバンガロー」とうたわれるこのペントハウスは、シンガポールで最も高額なマンションとなる可能性が高い。同物件はまた、シンガポールの高級物件に対する需要の強さを占う試金石となる。高級物件市場は、ここ数年の不動産価格の過熱を抑制する措置によって最も打撃を受けてきた。

 シンガポールの高級住宅価格は2013年のピーク時と比べ、15─20%下落したと不動産コンサルタント会社、ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)傘下のJLLコンサルタンシーは指摘。

 だが現在、好転する兆しが見え始めているという。

 価格が底入れしたと感じるシンガポール人と外国人の双方から需要が高まっていることを挙げ、少なくとも高級市場においては今年、価格が3─5%上昇すると同社は予想している。