[14日 ロイター] - ソフトバンク<9984.T>の社長兼スプリント<S.N>の会長を務める孫正義氏が今週、バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>率いる著名投資家ウォーレン・バフェット氏やリバティ・メディア<FWONA.O>のジョン・マローン会長と個別に会い、スプリントへの出資を巡り協議したことが、関係筋らの話で明らかとなった。

このうち、バークシャーは100億ー200億ドル程度の出資を検討しているという。リバティ・メディアについては不明。協議は初期段階で、まとまらない可能性も残る。

スプリントとソフトバンクはコメントを控えた。バークシャーとリバティ・メディアからのコメントは得られていない。