ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

進んだ短期筋のポジション整理
戻り相場の継続性を占うカギ

2009年4月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 株式市場がこのところ落ち着きを取り戻してきている。伝統的な移動平均線で見ても、相場がかなり正常化されてきたことが読み取れる。

 過去においては、日経平均株価の200日移動平均線の「マイナス20%乖離」が日経平均の下値のメドとされてきたが、今回のショック安ではそれを遥かに超える大幅なマイナス乖離となった。

 しかし、このマイナス乖離も昨年9月15日のリーマンショック後、初めてマイナス20%のラインを上回ってきている。

 中期的なトレンドを示す100日移動平均線で見ても、日経平均がそれを上回るようになってきた。100日線を連続して上抜けたのは、昨年の6月以来となる。

 移動平均線そのものはまだ下向きであることから、相場が上向きに転じたとは言いがたいが、ダウントレンドに歯止めがかかったと判断できそうである。

 下げ続けた移動平均線も4月半ば頃から上昇に転じそうで、さらにリーマンショック後の高値をクリアすれば200日線を上抜くことになる。そうなれば、戻り売りから押し目買いへの転換となる。

 しかし、マーケットセンチメントが好転したとしても、ファンダメンタルズは依然として弱い。上値を買う投資家の存否が、戻り相場の継続性を占う意味でも気がかりなところだ。

 次ページのグラフは投資主体別売買動向の買い代金の推移を示している。1997年以降の数年間において株式を大きく買ったのは、外国人と個人そして証券会社だ。その他の投資家は、一時的な振幅はあったにせよ、ほぼフラットに推移していることがわかる。

 この3つの投資家に共通しているのは、短期売買が主体の層と、中・長期的な売買を主体とする層が混在している点だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧