経営 × 人事評価

欧米の企業では年次の人事評価をやめた!?
「ノーレイティング」は日本に広まるのか
学習院大学守島基博教授インタビュー(後編)

井上佐保子
【第2回】 2017年9月8日
1
nextpage

今、GE、マイクロソフト、アドビシステム、GAPなど米国のグローバル企業を中心に、年度単位の業績に応じて社員をランク付けする年次評価(レーティング)を止める「ノーレイティング(No Rateing)」という試みが広がっている。日本にも「ノーレイティング」は普及するのか。また、日本企業の人事評価制度はどうあるべきか。人材マネジメント研究における第一人者である学習院大学守島基博先生にお話をうかがった。(取材・文/井上佐保子)

>>前編から読む

「ノーレイティング」とはなにか?

――最近の人事業界のトレンドワードは、米国のグローバル企業が相次いで取り入れているという、「ノーレイティング」です。評価をせずに、どのようにして人事マネジメントを行っているのでしょうか?

守島教授 まず、誤解していただきたくないのは「ノーレイティング」は人事評価をやめることではない、ということです。GEで使われている「9ブロック」のように社員をカテゴリー化したり、「S A B C…」といった形で人を順位付けしたりする評価方法を止めよう、ということなのです。

守島 基博(もりしま・もとひろ) 学習院大学経済学部経営学科教授 1980年慶應義塾大学文学部社会学専攻卒業、1982年慶應義塾大学社会学研究科社会学専攻修士課程修了、1986年イリノイ大学産業労使関係研究所博士課程修了人的資源管理論でPh.D.を取得、同年カナダ国サイモン・フレーザー大学経営学部(ビジネス・スクール)AssistantProfessor、1990年慶應義塾大学総合政策学部助教授、1997~2007年労働政策研究・研修機構特別研究員(非常勤)、1999年慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授、2001年一橋大学大学院商学研究科教授、2010年より厚生労働省労働政策審議会委員、2017年より現職。

――なるほど、「一番優秀な人はS、次に優秀な人はA…」といったランク付けを止めた、ということなのですね。なぜこのような動きが広がっているのでしょうか?

守島教授 このやり方だと、多くの場合、下の評価をつけられた人は、成長欲求もなくし、モチベーションも低下してしまいます。

 今は、日本だけでなく、先進国はどこも労働人口減少、そして人材不足という課題を抱えています。もはや、一部の優秀層だけを選抜して戦力化するのではなく、「全員戦力化」しなければ、勝ち残っていくことはできない状況で、これは日本だけでなく、米国のグローバル企業も同じです。

 しかしながら、低い評価をつけられ、モチベ―ションを喪失した人は、成長意欲もなくし、戦力化できなくなってしまいます。全員を戦力化するためには、ランク付けをすること自体が目的化したような人事評価のやり方はやめよう、ということになったわけです。

 また、同じ「C評価」の人でも、どうにもならない市場環境の変化によるものか、本人の怠けによるものか、その中身は異なるはずですが、「C評価」と付けられた瞬間から、「なぜその評価だったのか」についての情報が失われてしまい、適切な育成や配置につながっていかない、という問題点もあります。

1
nextpage

「経営と人事評価」について知る

  • 部下の振り返りに上司が関与 「経験学習」で人が成長する理由
  • 人事評価制度を導入し、業績がアップし離職率も劇的に低下 コプロ・ホールディングス
  • ヤフーはなぜ6000人の社員を巻き込む「1on1ミーティング」を続けるのか?
  • プロ野球球団や従業員10名以下の企業が「人事評価制度」を導入したら、どうなったか?
  • 「人事評価システム」が中小企業の人材を育成する 株式会社あしたのチーム 代表取締役社長 高橋恭介氏

企業における人事評価を考える

人事評価について学ぶ

井上佐保子(いのうえ・さおこ)

1972年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒。通信社、出版社勤務を経て、2006年にフリーランスライターとして独立。企業の人材育成、人材マネジメント、キャリアなどをテーマとして、企業事例、インタビュー記事などを執筆。人事・人材育成分野の書籍ライティングも手がけている。


人事評価を考える

「人事評価」はどうあるべきか? 社員のためになる「人事評価」とは?企業の利益向上につながる「人事評価」とは? 成果主義だけに捉われない、社員と会社の目標を設定する方法や上司と部下のコミュニケーションの在り方、日本や欧米の人事評価の最新潮流も紹介します。

「人事評価を考える」

⇒バックナンバー一覧