[ワシントン 19日 ロイター] - 米共和党の重鎮であるジョン・マケイン上院議員(80)の事務所は19日、同議員が脳腫瘍と診断されたと発表した。化学療法や放射線療法を含め、治療方法を検討しているという。

上院議員を6期務め、2008年には大統領候補になったマケイン氏は、14日に左目上部の血栓を取り除く手術を受けた後、アリゾナ州の自宅で療養している。組織解析によるとこの血栓は、脳組織から発生した膠芽腫(こうがしゅ)と呼ばれる原発性脳腫瘍と関係があるという。

主治医によると、マケイン氏は手術後「驚くほど順調」に回復しており、健康状態は良好だという。