[ニューヨーク 19日 ロイター] - 米ネット通販大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、商品の写真や動画を共有できる新たな交流機能「スパーク」を追加した。商品に付いたリンクなどで即座にアマゾンで購入することが可能になるという。

スパークは当初、有料プライム会員のみが利用可能で、写真共有サイトのインスタグラムやピンタレストのように機能する。アップルの基本ソフト「iOS(アイオーエス)」搭載の携帯端末向けに導入した。

ユーザーは写真や動画を掲載する場合、アマゾンで購入可能な商品にリンクを付けることが可能。リンクを通じて他のユーザーは即座にアマゾンで当該商品を見つけ、購入できる。

アマゾン広報担当によると、スパーク機能を利用するユーザーは最初に関心がある分野を選択することになっており、その後、他のユーザーが掲載した関連コンテンツの配信を受ける仕組みになっている。

アマゾンはまた、ブロガーなどのパブリッシャーにスパークにコンテンツを掲載するよう要請。そういったコンテンツにはスポンサーを示すハッシュタグが付けられ、一般コンテンツと区別される。