海に親しみを感じない若者が4割――。日本財団が7月17日の「海の日」にちなんだ調査で、こんな実態が明らかになった。

本記事はハフポスト日本版からの転載記事です

 調査は全国の15歳~69歳の男女1万1600人を対象にインターネット上で実施された。

「海にとても親しみを感じる」かどうか、という設問では、10~20代と40~60代の傾向が真逆になっている。

 10代・20代では約4割(10代は42.5%、20代では36.3%)が「親しみを感じない」と回答。30代では「親しみを感じる」「感じない」がほぼ拮抗し、40~60代は「親しみを感じる」が4割(40代は38.4%、50代は42.1%、60代は41.0%)となっている。

◆海にとても親しみを感じる

出典:日本財団 拡大画像表示

(改ページ)

 また、「海が好きだ」と回答した人の割合は全体の51.8%、「好きではない」が19%だった。「好きではない」と答えた人の割合は若い世代になるにつれて緩やかに減少傾向にあり、60代の14.7%に対して10代では22.7%が「海が好きではない」だった。

◆海が好きだ

出典:日本財団 拡大画像表示

 若者の「海離れ」が進んでいる現象について、日本財団は子どもの頃の体験についても調査している。