[フランクフルト 20日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は20日、ギリシャが市場からの資金調達を再開するかは同国が決めることだとしながらも、市場復帰は同国の救済戦略の一環として実施される必要があるとの考えを示した。

ただ、ギリシャでは多くの進展が見られたとの認識も示した。

トムソン・ロイター傘下のIFRによると、ギリシャは2015年以来初めてとなる市場からの資金調達に向けこれまでに銀行6行を起用している。