[ニューヨーク 20日 ロイター] - 20日のニューヨーク外為市場では、ユーロが対ドルで急伸し、約2年ぶりの高値を付けた。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が今秋に資産買い入れプログラム(量的緩和)の変更を協議すると発言したことが材料視された。

ユーロ/ドル<EUR=>は午前中に1.1655ドルと2015年8月以来の高値まで買われ、終盤は0.96%高の1.1625ドル。ドル/円<JPY=>は直近がほぼ横ばいの111.96円、主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.5%安の94.286だった。

ドラギ総裁は、量的緩和変更を議論する具体的時期があらかじめ設定されたわけではないと主張。またECBは政策運営指針(ガイダンス)も維持することを全会一致で決定した。それでも市場参加者の間では、秋に量的緩和変更が話し合われれば、来年の金融引き締めにつながるとの見方が広がった。

TJMブローカレッジの外国為替共同責任者リチャード・スカローン氏は「市場は9月に(量的緩和)縮小が始まるか、少なくともその方針が発表される可能性が十分あると見込んでいる」と指摘した。

アナリストによると、米上院における医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の頓挫や、弱い経済指標を受けた米連邦準備理事会(FRB)の年内の追加利上げ観測後退なども、引き続きドル安の要因となっている。

ファーストラインFXカレンシー・ストラテジーの創設者ジェーソン・ラインワンド氏は「(トランプ)政権が何の改革も実行できないため、ドルが苦境に置かれている」と述べた。

ドル/円 NY終値 111.89/111.93

始値 112.29

高値 112.33

安値 111.49

ユーロ/ドル NY終値 1.1629/1.1633

始値 1.1504

高値 1.1655

安値 1.1480

(表はロイターデータに基づいています)