痴漢は許せない卑劣な犯罪行為である一方で、やっていないのに疑われる痴漢冤罪もまた大きな社会問題となっている。特に満員電車で毎日通勤するビジネスマンにとって、いまや痴漢冤罪は女性の痴漢被害と同様に、大きな脅威。女性も男性も痴漢に悩んでいるのが実情だ。痴漢そのものをストップさせれば、冤罪も減るはず。その現状と対策法などを探った。(ダイヤモンド クォータリー編集部 前原利行)

痴漢冤罪!?
線路に逃げるケースが相次ぐ

 暑い日が続いている。夏になると、被害が増える犯罪の一つが痴漢だ。関東では19の鉄道事業者と警察が協力し、ポスターの掲示、イベントの開催などの痴漢撲滅キャンペーンを行っている。だが、今年はこれまでにない状況下での実施となった。

 今年3月以降、痴漢と疑われて、駅のホームから線路に飛び降りて逃走するケースが相次いでおり、死亡事故も起きている中でのキャンペーンだった。

 ◎痴漢と疑われて、線路などを逃走したケース(首都圏、2017年)

 3月13日 JR総武線 御茶ノ水駅
 3月14日 JR埼京線 池袋駅
 3月29日 JR埼京線 赤羽駅
 4月5日   JR埼京線 板橋駅
 4月13日 JR総武線 両国駅
 4月17日 JR埼京線 新宿駅
 4月25日 JR埼京線 板橋駅
 5月11日 JR京浜東北線 新橋駅
 5月12日 JR京浜東北線 上野駅 改札から逃走、近くのビルから転落死
 5月15日 東急田園都市線 青葉台駅 電車にひかれて死亡
 5月18日 JR京浜東北線 川口駅
 5月25日 JR埼京線新宿駅
 6月23日 JR埼京線赤羽駅