「投資家の仕事は損すること」は
投資の本質を言い当てている

 世の中には、「株式投資」というものを経験したことがない人も多くいる。そうした人たちの多くは、「何か分からないけど恐ろしく、近寄り難いもの」というイメージを持っている。一方で、「投資というものは楽をして儲けるものだ」「株の儲けは不労所得だ」などと考えている人も少なからずいる。

 作家の橘玲氏が書いた「臆病者のための株入門」という本がある。「入門」とは銘打っているものの、その中身は深い示唆に富むものが多く、株式投資をある程度やっている人にとっても非常に参考になる良い本だ。

 この本の一節に、「投資家の仕事は損をすることだ」という表現がある。いささかアイロニックな表現なので、このフレーズだけ聞くとショッキングな印象を受けるし、実際に損をした投資家はちょっとムッとするかもしれない。しかしこの言葉は、投資の本質をかなり言い当てているといっていい。

 これをもう少し分かりやすく言い換えると、「投資家の仕事はリスクを取ること」ということになる。この本質を分かっているかどうかは、実は極めて重要なことなのである。なぜならリスクを取らなければ決してリターンを得ることはできないからだ。