[パリ 24日 ロイター] - IHSマークイットが発表した7月のフランス総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は55.7で、前月の56.6から低下し、1月以来6カ月ぶりの低水準となった。エコノミスト予想の56.4も下回った。

PMIは50を上回れば景況拡大を、下回れば悪化を示す。

IHSマークイットの首席エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「今年に入ってから成長率が大きく伸びていたことから、サプライチェーン問題が持ち上がり、生産が若干減速しても全く驚きではない」と述べた。

内訳をみると、製造業PMIは55.4で6月の54.8から上昇し、予想の54.6も上回った。内需、外需がともに堅調だった。

一方、サービス部門PMIは55.9と、6月の56.9から低下。予想の56.7も下回った。

ウィリアムソン氏によると、PMIが第3・四半期に7月の水準で推移すれば、同四半期の経済成長率は0.5%になる見通し。