[北京 24日 ロイター] - 中国税関総署が24日発表したデータによると、ロシア産原油の6月の輸入量は前年同月比27%増の日量127万バレルで、4カ月連続で最大の原油輸入相手国となった。過去最長の記録となる。

ロシア産原油の輸入量は過去最高だった5月の日量135万バレルからは減少した。

輸入相手国別でロシアに次いで輸入量が大きかったのはアンゴラで、10.6%増の日量100万バレルだった。

一方、サウジアラビアからの輸入量は減少を続けており、6月は15.8%減の日量93万6607バレルとなった。

6月トータルの中国原油輸入量は3611万トン(日量879万バレル)で、2カ月連続で世界最大の原油輸入国となった。