[ニューヨーク 24日 ロイター] - 米国株式市場は、週内に決算発表が集中するハイテク株が買われ、ナスダック総合指数が過去最高値を更新した。半面、医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>の下げが重しとなり、ダウ工業株30種平均とS&P総合500種は下落した。

ハイテク株は、動画配信サービスのネットフリックス<NFLX.O>が前週発表した四半期決算が好調で、今週はアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、フェイスブック<FB.O>の決算発表を控えている。

ハンチントン・バンクの最高投資責任者のジョン・オーガスティン氏は「今年に入ってからハイテクセクターが相場の上昇を主導している。(フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、アルファベット<GOOGL.O>を合わせた)FANG銘柄が上向きの基調を定め、明るい見通しを作ることが重要になる」と述べた。

ただ、この日の取引終了後に発表されたアルファベットの第2・四半期決算は27.7%の減益で、株価は時間外取引で2.2%下げた。

J&Jは1.7%安で取引を終了。主力商品の関節リウマチ薬での値下げ競争激化が売り材料となった。

S&Pのセクター別主要11指数のうちプラス圏で終わったのはハイテク<.SPLRCT>と金融<.SPSY>の2指数だけだった。

油田サービスのハリバートン<HAL.N>は4.2%安。四半期決算は黒字転換したが、北米の石油掘削リグ稼働数の伸びは鈍いとの見通しを示したことで売りが優勢となった。

玩具のハスブロ<HAS.O>は、四半期決算の売上高が市場予想を辛うじて上回る伸びにとどまり、9.4%下げた。

スポーツ用品小売りのヒベット・スポーツ<HIBB.O>は第2・四半期の既存店売上高の大幅な落ち込みを予想し、株価が33.5%急落した。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では下げ銘柄が上げ銘柄を上回り、比率は1.27対1だった。ナスダックは1.17対1で上げが下げを上回った。

米取引所の合算出来高は約55億株で、直近20営業日の平均である61億株を下回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 21513.17 -66.90 -0.31 21577.78 21577.78 21496.13 <.DJI>

前営業日終値 21580.07

ナスダック総合 6410.81 +23.05 +0.36 6387.82 6417.70 6380.61 <.IXIC>

前営業日終値 6387.75

S&P総合500種 2469.91 -2.63 -0.11 2472.04 2473.10 2466.32 <.SPX>

前営業日終値 2472.54

ダウ輸送株20種 9428.20 -43.07 -0.45 <.DJT>

ダウ公共株15種 719.02 -6.46 -0.89 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1103.01 -4.53 -0.41 <.SOX>

VIX指数 9.43 +0.07 +0.75 <.VIX>

S&P一般消費財 722.24 -2.72 -0.38 <.SPLRCD>

S&P素材 345.77 -0.47 -0.14 <.SPLRCM>

S&P工業 585.19 -2.32 -0.39 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 565.36 -2.08 -0.37 <.SPLRCS>

S&P金融 412.99 +1.26 +0.31 <.SPSY>

S&P不動産 200.12 -0.30 -0.15 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 478.03 -1.42 -0.30 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 935.15 -0.89 -0.10 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 149.13 -1.53 -1.02 <.SPLRCL>

S&P情報技術 994.48 +2.51 +0.25 <.SPLRCT>

S&P公益事業 267.84 -2.51 -0.93 <.SPLRCU>

NYSE出来高 8.21億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 19975 + 35 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限 円建て 19945 + 5 大阪比 <0#NIY:>

(ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)