[東京 25日 ロイター] - 信越化学工業<4063.T>は25日、未公表だった2018年3月期の連結業績予想を発表した。営業利益は前年比12.3%増の2680億円を見込む。年間配当予想も1株当たり130円と前年実績比10円増を見込む。

営業利益予想値はトムソン・ロイターがまとめたアナリスト18人の予測平均値2865億円を6.4%下回っている。18年3月期の純利益予想は前年比8.0%増の1900億円。

17年4─6月期の営業利益は前年同期比23.5%増の741億円だった。主なセグメントでは塩ビ・化成品が33%、半導体シリコンが45%それぞれ増益だった。

(浜田健太郎)