[25日 ロイター] - トランプ米大統領は25日、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで、鉄鋼の輸入制限を巡る最終判断は他の優先課題への対応を終えた後になる可能性があるとの見方を示した。

トランプ氏は時間をかけて判断すると表明したうえで「現段階では決定したくない」と述べた。

トランプ政権は通商拡大法232条に基づく調査を行っており、鉄鋼輸入が国家安全保障への脅威になっていると判断されれば、輸入割り当てや関税などの導入が可能になる。

トランプ氏は「鉄鋼ダンピング(不当廉売)に対応するつもりだ」と述べ、「極めて不公正な状況」にあると批判した。

「ヘルスケア(医療保険制度)や税制、場合によってはインフラなど全ての課題を終えてから」鉄鋼貿易政策に関する決定を下すと語った。