NTT Com、eSIM実証実験
「M2Mモデル」と「コンシューマーモデル」についての実験概要

 NTTコミュニケーションズは7月25日、日本のMVNOとして初となるeSIMの実証実験を開始したと発表した。

 eSIMはSIMカードを挿し替えることなく遠隔から通信プロファイルを設定でき、海外旅行時に現地通信事業者回線を利用することによる通信コストの低減、製品にeSIMを組み込むことで出荷する国や地域によらずに共通製品で通信できるなどのメリットがある。eSIMに関しては、現在GSMAにて「M2Mモデル」と「コンシューマーモデル」の2つの標準化が進められており、NTT Comではこれらのモデルが実用化段階にあることを踏まえ、いち早く実証実験を開始した。

 実証実験では、同社が香港で提供しているモバイル通信基盤をベースに、遠隔SIMプロビジョニングが可能な環境を構築。日本および香港にあるeSIMを挿入した端末を用い、M2Mモデルとコンシューマーモデルそれぞれに通信プロファイルの切り替えや無効化、有効化といった操作を行なう。また、SIMを挿すことでセキュアな通信が可能となるeSIMなど、SIMへの埋め込みに関しても共同実験を進めるという。

 NTT Comでは、実証実験を通じて得られた知見を元にして今後のグローバルなサービスの開発を検討するという。