[ニューヨーク 26日 ロイター] - 米財務省が実施した340億ドルの5年債入札は、ファンドマネジャーや外国中銀を含む間接入札者の落札比率が69.76%と、前回6月の入札の65.21%から上昇し、7カ月ぶりの高水準となった。

最高落札利回りは1.884%、応札倍率は2.58倍だった。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)