[ラスベガス 26日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は、ハッカーやプロパガンダ攻撃から政党や選挙システム、情報産業を守るための新たな研究を行う組織の設立資金として50万ドルを提供する。同社のアレックス・スタモス最高セキュリティー責任者が26日明らかにした。

「デジタル民主主義の防衛」と名付けられたこの組織は、大統領選の候補だったヒラリー・クリントン氏とミット・ロムニー氏の両選対責任者が座長となり、w当初はハーバード大学公共政策大学院(ケネディスクール)を拠点に活動する。

フェイスブックは、研究への参加者がさらに増えてメンバーが管理する情報共有センターへと発展していくことを期待していると述べた。

同社は自らのプラットフォームを政治的議論や教育のための場だと称しているが、昨年の大統領選では偽ニュースや事実と異なる政治宣伝に利用された面もあった。