7月26日、英政府は、大気汚染の改善を目的にガソリン車とディーゼル車の新規販売を2040年から禁止すると発表した。写真はロンドンで充電する電気自動車。2016年4月撮影(2017年 ロイター/Neil Hall)

[ロンドン 26日 ロイター] - 英政府は、大気汚染の改善を目的にガソリン車とディーゼル車の新規販売を2040年から禁止すると発表した。100年以上にわたる内燃機関の時代に幕が下りるかもしれない。

 フランス政府による同様の決定に次ぐ今回の英政府の決定は、電気自動車(EV)の勝利を意味する。こうした決定が世界各国で続けば、産油国の富が打撃を受けるだけでなく、自動車産業の構造変化が促され、20世紀資本主義を代表する存在だった自動車そのものが変わることになる。

 パリやマドリード、メキシコ市やアテネの市長はそれぞれ、2025年までに市街地中心部へのディーゼル車乗り入れを禁止する計画を発表している。仏政府も、2040年までにガソリン車とディーゼル車の新規販売を禁止する方針だ。

 英政府は、民間団体から訴えられた裁判に相次いで敗れて以降、大気汚染を減らす政策を取る圧力にさらされていた。メイ首相の保守党は、2050年までに「ほぼ全ての自動車とバン」を、排気ガスの出ないゼロエミッション車にする公約を掲げる。