aaa

 作曲家のプライベートスタジオといえば、所狭しと並ぶ鍵盤や高級ギター、大型のミキサー台などを想像する人が多いのではないだろうか。

 ところが、総合格闘技RIZINの音楽監督としても知られる佐伯栄一氏の都内からほど近いプライベートスタジオは、意外にもMacBook Proと数台のモニター、シンプルなMIDIキーボード※のみで成り立っているという。彼が現在の環境を実現した意図とは?

※MIDIをDAWに入力するためのキーボードで、ほとんどの場合、音源を内蔵しない。シンセサイザーやキーボードの機能を兼ねるモデルもある。

当日に曲が変わることも多い

ーー佐伯さんはイベントの音楽を担当されることも多いと思います。イベントならではの苦労はありますか?

「総合格闘技の『RIZIN』に2年前から音楽監督として関わっているのですが、当日、現場で『心臓の音が欲しい』って言われたんですよ」

ーー当日ですか。

「そのときは、すぐに心臓の音を何パターンか作って、本番前に『どれがいいですか?』って選んでもらいましたね。あとは、カウントダウンが欲しいと言われて。カウントダウンの素材は持っていたんですけど『女の人の声じゃなくて男の人の声がいい』って言われて(笑)。そのときもなんとか作りました。

 僕はMacBook Proをメインのマシンにしているんですけど、ノートPCの強さって、一番はそこだと思っています。現場にいても、スタジオと同じ環境で曲が作れるっていう。唯一悩んでいるのは、今使っているインターフェース(Apollo Twin)の出力が少ないことなんですよ。出力が足りないときは、音効さんにインターフェースだけ借りたりしていて。これ、出力を増やしたら完璧なんじゃないの? って思います」

ーー土壇場で変わることが多いというか。

「そうです。ほかにも、ファッション関係のショーなんかだと、ブランドさんによっては、リハーサルの段階で急に『う〜ん? ちょっとこれ違うかも。この曲じゃない方がいいんじゃない?』って(笑)」

ーー(笑)

「直前で『ちょっとこの曲、違うよね? ちょっとこれに変えてもらってもいいですか?』っていうことも全然あるんで、その場でエディットしたり、音圧を調整したりしなきゃいけないんです。格闘技でも、選手の方が『俺はこの曲では入場したくない。この曲にしてくれ』とか。『何かありましたか?』ってきくと、『親父と喧嘩したんだ』みたいな(笑)」

シンセセイザーはすべて売ってしまった!?
ソフト音源に統一する意義とは

 佐伯氏は、ハードの環境と同じように、ソフト音源やプラグイン※ソフトウェア面も「持ちすぎないように」しているらしい。その理由には、現代の時流の速さを鋭敏に察する彼独特の感性が隠されているように思う。

※音源を処理するためのソフトウェアを指す。イコライザーやコンプレッサーなど、元来はラックマウント式のハードウェアをソフトウェアでシミュレートしたもの。

ーー作曲の際に生音を使うことはないんですか?

aaa
作曲はすべてソフト音源で行なうという

「もう、ないですね。全部ソフト音源です。前は『Minimoog Voyager』とか色々持っていたんですけど、『もう要らねえ!』と思って、全部売りました。いま考えたら、あれは売らなきゃよかったかもしれない(笑)。ほかのシンセサイザーはソフトでもなんとかそれっぽい雰囲気が作れるんですけど、あれだけはソフト音源だとなんか違うんですよね」

ーーということは、ノートPCとMIDI鍵盤だけあれば、どこでも同じ環境ということですね。

「そうです。めっちゃシンプル。プロの作曲家の中で、一番シンプルな自信があります(笑)」

ーーでも、制作されている楽曲のシンセサイザーは、生音感がすごくありますよね。

「YouTubeでジャンキーXLっていうマッドマックスのテーマとかで有名な人が、生音感を出す手法みたいなのを紹介していて。『こうやってやんだよ!』って。動画をたくさん上げてるんですよ。それ見たり。いろいろ研究したりしましたね。

 で、生音感って、オートメーションのカーブをどれくらい書くかっていうことらしいんですよ。けっこうオートメーションは気にして、細かく書き込んだりしていますね。これとか(過去の楽曲を聴かせてくれる)。日本のハンス・ジマーって紹介してください(笑)。

 いまって、ハードウェアを使っている人って、実はそんなにいないんじゃないかって思うんですよね。『この音だけはソフトでは再現できないから、どうしてもとっておきたい』とか、『全部生音で作ることにこだわりがある』とか、そういう理由でもないと、どう考えてもソフト音源の方が効率的だと思うんです。

 ハードにこだわると、いまの世の中のスピード感についていけなくなると僕は思うんです。極端な話、夜に依頼がきて、朝までに仕上げなきゃいけない仕事があるとするじゃないですか。

 そんなときに、アナログシンセを立ち上げて音作りしていると、『いや、これじゃないよな〜。もうちょっとこうだよな〜!』って、絶対なりますよね(笑)。気づいたら朝になって、一音もできていなかったりしちゃう。それなら、僕はハードは要らないなって。それよりも、ソフト音源でスピーディーに、簡潔に作りたいです」

ーー舞台「真田十勇士」の劇伴音楽では和楽器も使用されていますが、和楽器は生音も使っていますよね?

「和楽器は生音も、打ち込みで作った部分もありますね。和楽器って、おもしろくて。西洋の楽器とはちょっと方法論というか、考え方が違うんですよね。例えば、西洋のフルートとかは、教則本があって、『こういう風に吹くのが正しい』というのが書物として伝わっているので、ある程度の型がある。

 一方で、和楽器っていうのは基本的に口伝で奏法とかが伝わってきたものなので、粗もたくさんあるし、奏者によってもぶれがあるんです。『お前、そうじゃないよ。もっと、こうだよ。『うん、だん!』 って叩くんだよ!』みたいな(笑)。そうやって代々受け継がれてきたものだと思うんです。でもある意味、その綺麗すぎない部分が和楽器っぽさだったりするんですよね。

 なので、尺八とかは『しゃくり』っていって、敢えてキーのど真ん中を狙わないで、微妙にずらしたところから狙ったキーに運ぶ奏法があるんですけど、そういうのを全部やめて、西洋的な吹き方をすると、西洋の笛っぽい感触になっちゃう。あのときは、いろいろとそういう発見がありましたね」

aaa
佐伯氏の作業デスク。最小限の設備で、シンプルにまとまっている

 活動スタイル上、移動や出張も多い佐伯氏。環境のシンプルさは現代の音楽かの中でもとりわけシンプルに振り切っていることがわかるが、そこには過去の経験と一貫した哲学が流れていることがわかる。そんな彼は、毎年テーマを自分に課しているのだという。テクノやダブステップの要素を取り入れ、音のひとつひとつを緻密に構成しながら、どこかキャッチーでメロディーラインの際立つ音楽性に定評のある彼だが、インタビューを進めると、非常に聡明な頭脳がそれを実現していることがわかった。

制作環境はMacBook Pro1台のみ!

ーースタジオと自宅は兼用されているんですね?

「そうです、音出せるところを探していて見つけた物件なんです。シアタールームに使える部屋ということで。音出しても大丈夫ですよ〜と言われて借りました。その部屋に、吸音材を自分で貼って使っていますね。スタジオとしては狭いんですけど、コンパクトでもいいなと思っていて」

ーーあえて小さめにまとめているというか。

「そう、こじんまりとしていきたい。音楽やってると憧れるじゃないですか。いっぱいキーボードが並んでる広い部屋みたいなの。でも、だんだんと、『これじゃなくていいな。小室哲哉じゃないしな』ってなって(笑)。

 環境にこだわりすぎて、そこでしか作業ができなくなると問題なんですよ。僕の場合、現場仕事が多いんです。イベントとか。そうすると、何かあったときに、現場で対処できるようになっていないとダメなんです。現場で間違えていたことがわかったときに、直すのにも自宅に帰らなきゃいけないってなったら、すごく面倒じゃないですか。だから、メインのPCもMacBook Proにしていて」

ーーMacBook Proだけですか。

「MacBook Proだけです。Core i7と、16GBメモリー」

ーー不便を感じることはありませんか?

「たまーに、プラグインをたくさん立ち上げていると怪しいことはあるんですけど、でも、不便なくらいのほうがいいかなって。その方が工夫しようという意識も働くし。

 昔ロンドンに住んだことがあるんですけど、そのとき、機材を全部持って行ったら、船便で1ヶ月くらいかかった上に、引っ越し代だけで100万円くらいかかっちゃったんですよ。税関からは、ばんばん電話がきて、『売るんじゃないですか?』って疑われたりとか(笑)。自分で使うためのものだと証明するのがすごく大変だった。いまは、どこまで最小限のセットでいけるかなっていう、ギリギリのところを探しています」

ーーMacBook Proにする前はどんな環境だったんですか?

「前は、Mac Proを使っていました。背の高いやつ。あれ、持ち運ぶのが本当に大変なんですよ(笑)。一番それを思ったのは、中国で仕事があったときに、映像関係の人も来ていたんですけど、みんな現場にMac Proを持ち込んでいて。あの大きいのを。それを客観的に見たときに、『あ、これはよくないな。MacBookにしよう』って思いました(笑)」

どこにでも行けるスタジオ

ーーこの環境なら、インターフェースも持っていけますよね。

aaa
愛用のオーディオインターフェースApollo Twin
aaa
DJ活動に使用するというNative Instruments「TRAKTOR KONTROL Z1」

「そうです。もうスタジオを全部持っていけます。仕事が立て込んでいると、曲が完成していない状況で渡航しなきゃいけない機会もあるんですよ。そんなときも、このセットを持って行って、向こうで作曲できたんで。これでいいなって思っています」

ーーキーボードも小型のものを使っているんですか?

「そうです。『iRig Pro Key』の37鍵盤。これを2個使って、片方はオクターブを変えて使っています。さすがに両手で弾きたくて。しかも、このモデルは鍵盤がフルサイズなんですよ。普通のポータブルモデルは鍵盤が小さいので弾き心地がよくないんですけど、これだと普通のキーボードと弾き心地は変わらないので。2つ重ねてどこにでも持っていけます」

ーーかなり現代的なスタイルで制作をされていると思います。移動中に作曲することもありますか? 飛行機の中とか。

「いや、さすがにそれは調子こいてる人みたいになるので(笑)。でも昔ロンドンにいたとき、バックパッカーをしていたことがあって。そのとき、電車の中でPCを使って作曲している人がいたんですよ。電車の中で作れるくらいだから、大した曲じゃないんだろうなって思っていたんですよ(笑)。でも話しかけてみたら、結構有名なジャンベ奏者の方で。オランダ国王の前で演奏したりもしてるんですよ。そういえばそんなことがありました。

 そのうちノートPCのマシンパワーがもっと上がったら、みんなノートPCになるんじゃないのかな。たぶん今は、マシンパワーを求める人と、そぎ落としていく人と、両極端なんじゃないのかなって思うんです。僕の場合は、音楽だけが日常の中に仰々しくあるというより、部屋も、普通に過ごせるけど、音楽も作れるくらいの方がやりやすいんです」

ーーそうすると、ご自身の活動スタイルや性格に合わせた結果が、いまの環境ということになりますね。プラグインや音源はどんなものを使うんですか?

「プラグインとかソフト音源も、買うときは買うんですけど、そんなでもないですね。押さえるところは押さえるけど、無闇には買わないです。けっこう、消しちゃうんですよね。しばらく使っていないと、『これ要らないな』って。いっぱい入りすぎてると、探すのも大変だし、訳がわからなくなっちゃう」

ーーソフトウェア面でもミニマムにしているんですね。ほかにもこだわっているポイントはありますか?

「そうですね……ほかのことは、こだわりすぎ『ない』ことがこだわりかもしれません。例えば、『海に行って作曲してみよう』と思って、海に行くとするじゃないですか。それで名曲ができてしまったら、それ以降は海に行くしかなくなっちゃう。それがちょっと怖いなって思っていて。いったんそうなってしまうと、意識して戻すことは難しいと思うんですよね。でも、毎年作曲するにあたって、自分の中でテーマみたいなものは設けていて」

ーーちなみに、今年のテーマはなんですか?

「人の意識って、無意識がほとんどで、意識している部分はほんのわずかだっていう話があるじゃないですか。それで、無意識の部分をなんとか引き出せないかということを考えています。それは、何も考えていないのに、『あれ? いい曲だな?』って思ったりすることあるじゃないですか。街とかで。その無意識に飛び込んでくるものを、なんとか作り出してやろうという意味でもあります」

aaa

 佐伯氏の一貫したスタイルには驚かされることが多かったが、彼はCDも買うことがなくなったと話す。そればかりか、オーディオの分野では冷遇されることも多い「圧縮音源」を定番のフォーマットとして愛用しているのだという。

CDはすべてデータ化して捨ててしまった

「作曲家としてどうなのかと思ってるんですけど、もうCDの現物も買わないでダウンロード購入しますし、持っていたCDも全部データにして捨てました。

 イベントとかで流すときも、MP3ですし、それで事足りますね。192kbpsの高品質にはしていますが。この品質なら、大きい会場で大音量で流したときに、WAVとかそれ以上の品質との区別がつかないクオリティーになるんですよ。それでいて、軽いので止まりにくい」

ーーハイレゾ音源も買いますか?

「ハイレゾは、僕は必要ないと思っています。たとえば、お店とかで、MP3音源を流したら『あれ? これWAVじゃねえな?』ってなる人、いないじゃないですか。もしも、みんなが『これ、MP3じゃないの?』ってなってしまうんだったら、それは問題だと思うんですけど。

 でも、ハイレゾ音源を否定したいわけでもなくて。例えば、MP3はデータ容量を軽くする目的で生まれた規格なので、自分としては、『イベントで流すときに止まりにくい』っていうすごく大きなメリットがあるんです。『音がいい』よりも、そっちのメリットがすごく大きい。

 なので、フォーマットって、いろんな選択肢がある中で、『こうだ』『こうじゃなきゃいけない』ではなくて、いろんなライフスタイル、いろんな生活に合わせて、それぞれが自分に合ったものを選択すればいいと思っています。

 そういう意味で、僕にはハイレゾは必要ないかな、と思うんですよね。テクノロジーは、デジカメにしても何でも似てると思うんですけど、扱う人がどうするのかが重要なんだと思います。たとえば今の時代にフィルムカメラを使う人は、フィルムの質感がどうしてもいいという理由で使っていると思うし。『これは音が悪いからダメ』とか『ハイレゾだからいい』とかではないなって」

Cubaseの魅力は?

ーーCubase Proはいつから使っているんですか?

「ここ1年くらいですかね? まだ長くはないです。あと、イベントだとLiveを使いますね」

ーー乗り換えはすんなりと進みましたか。

a
従来のオフラインプロセッシングに比べ、格段にフレキシブルにエフェクトを適用可能になった

「いや、進みません(笑)。Cubaseって、なんでもできるんですよ。機能がものすごく多くて、無限の可能性があるDAWだと思っています。まだちょっと四苦八苦している部分があって(笑)。

2
ランダマイザー。効果音やセリフの細かいバリエーション違いを簡単に作成できるプラグイン

 特定のどの部分がすごいというよりは、できることが多すぎて、なんでもできてしまう。そのオールマイティーさがすごい。Cubaseじゃないんですけど、上位版の『Nuendo 8』に『ダイレクトオフラインプロセッシング』っていう機能があって、それがやばいです。あれは発表会で見て感激しました。

 それから、『ランダマイザー』。これもNuendo 8から新しく入ったんですけど、あのパターン、超あるんですよ。たとえばイベントとかでも、ずっと同じ心臓の音が鳴っていてもおもしろくないので、微妙に変えたりするんですけど、それがかんたんにできるのは、すごくいいです。

 あと、CubaseはUIがかっこいい。すごく作曲家っぽいんだよな〜って前から思っていたんです。最高にかっこいい。僕、デスクトップとか何もおきたくなくて。ステータスバーの部分もターミナルからいろいろ消してるんですよ。時間も何もかも」

「こうじゃなきゃいけない」がない方が面白い

ーーラジカセがありますけど、これはリファレンスに使っているんですか?

「いや、使ってないです(笑)」

ーーえ?(笑)

「一応あるんですけど、あまり使わないんです。iPhoneで確認して、ヘッドフォンで確認して、そしたらもうOKです」

ーーたしかに、視聴環境もそうなっていますからね。

「そうなんですよ。そこなんです。もう、みんなiPhoneで聴くじゃないですか。だから、むしろiPhoneでチェックするべきなんじゃないかと思ってるんです。iPhoneのスピーカーと、純正のイヤフォン。あとはMacBookのスピーカーでもチェックしていますね」

ーー最近はiPadで作曲する人もいるみたいですよね。iPhoneでDJしたりとか。

「そういうのも、アリなんじゃないかなって思うんですよね。いまって、ガジェットがいくらでもあるじゃないですか。だから、『こうじゃなきゃいけない』っていうことは何もなくて、それぞれのスタイルに合わせて環境をカスタマイズできるところが、いまの面白味だと思うんですよ。

 なので、自分は高い機材を置いておいてあまり使わないよりも、実用的なものにお金をかけて、いろんな楽しみ方をする方向にいきたいなって思っているんです。

 昔は、逆に物だらけだったんですよ。小さいグッズとか、フィギュアとかコレクターのように集めるタイプだったんです。でも、だんだんとそういうのもやめました。やっぱり、大人の階段登るんで、どんどん捨てていかないと、上に登るのはきつくなってくるじゃないですか(笑)」

 音楽制作ソフト「Cubase」、譜面制作ソフト「Dorico」の制作に役立つ様々なTipsをお届け! ぜひフォローしてご活用ください! Creativity First!!