東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は7月25日、視線追跡機能つきVRヘッドマウントディスプレー(HMD)と360度カメラを用いたVR学習システム「mcframe MOTION VR-learning」の提供を開始した。価格は1インストールで108万円。

vr
東洋ビジネスエンジニアリング

 現在、熟練技術者のノウハウを共有する目的でVR技術が活用されてきている。しかし、熟練技術者のノウハウを共有するために必要な教材作りには手間がかかっているという。

 本システムは、そうした教材作りの手間を簡略化するための機能が盛り込まれている。

 MOTION VR-learningは、設備の稼働状況や計器のチェックといった固定ポイントでの確認作業を学習するためのシステム。

 VR上での教材を、バーチャル空間の元となる情報を作成する360度カメラと視線追跡機能付VRHMDによって、ユーザー自身が簡単に作れる。手本となる熟練技術者の作業を、機器によって記録することで作成される。

 学習するときは、学習者がVRHMDをつけて熟練技術者の視線の動きを復習することで学んでいく。熟練技術者の視線の動きを視覚化できるため、必要な箇所を正しく見る作業の学習で有効としている。

 工場、発電所、建設現場での点検作業や、航空機、鉄道での安全確認、医療、災害救助での適切な判断など、学習のための再現困難なシーンでの活用を見込んでいるとのことだ。

 なお、価格にはPC、VRHMD、360度カメラは含まれていない。