[北京 1日 ロイター] - 中国共産党で汚職調査を担当する中央規律検査委員会は1日、汚職があったとして金融規制当局の元高官を起訴すると発表した。処分が明らかになったのは、中国銀行業監督管理委員会(銀監会、CBRC)の主席助理だった楊家才氏。楊氏は6月に解任されていた。

規律検査委の声明によると、楊氏は賄賂を受け取る代わりに、自分の立場を利用して他者の昇進を支援したり、息子の事業を支援していたという。

同氏のコメントは得られていない。弁護士をつけられるかどうかも不明。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)