「よりよい睡眠を取るための活動=眠活」によって、疲れが解消され、頭はすっきりと冴え、私たちの「集中力」や「生産性」は大幅に改善されます。このたび新著『仕事が冴える「眠活法」』を出版した医師の中村真樹氏に、「睡眠」で仕事のパフォーマンスを上げる方法を解説していただきます。

睡眠を十分に取らないと
仕事の成果も出ない

 なぜ睡眠が仕事のパフォーマンスを高めてくれるのか。それは、睡眠が私たちの脳と体の休息に欠かせない大切なものだからです。

 眠らずに生きていくことはできませんし、十分な睡眠が取れない状況が長期間続くと心身に大きなダメージを受けます。そんな状態では、仕事で成果を出せるはずもありません。

 逆にいえば、睡眠をしっかり取り、心身をリフレッシュすることで、仕事や遊びに目いっぱい力を注ぎ、楽しむことができます。

 睡眠中はただ目を閉じているだけではありません。その間に、私たちの体内では生命維持に欠かせない、いろいろなメンテナンスが行なわれているのです。

 睡眠には大きく分けて、「脳の疲れを取り記憶を整理する」「体の疲れやだるさを取る」「傷ついた細胞を修復する」という3つの役割があります。