[ラスベガス 2日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ連銀総裁は2日、米連邦準備理事会(FRB)のバランスシート縮小を9月に開始することを支持する考えを示した。

9月には縮小を開始できるほど米経済が強い状態になっているだろうと指摘した。

ウィリアムズ総裁は当地での講演後、記者団に対し「9月の連邦公開市場委員会(FOMC)が(縮小開始に)適切な時期のようだ」と述べた。

また、FRBが年内にあと1回、来年に3回程度の利上げを行うという見方に違和感はないとした。

*内容を追加しました。