ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
こだわり蕎麦屋めぐり
【第1回】 2011年8月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
鎌 富志治 [夢ハコンサルティング代表]

新富町「流石 はなれ」――目の前で亭主が自分だけのために蕎麦を打つという贅沢

1
nextpage

付き合いや接待に良し、大事な人との記念日に使うもよし。思わず誰かに教えたくなる、誰かを連れて行きたくなる手打ち蕎麦の名店ばかりを厳選。そこでのもてなしは、まさに五つ星。連載第1回目は、京橋の路地裏にひっそりと佇む「流石 はなれ」を紹介する。

挽きたて、打ちたて、茹でたて、
究極の三たてを創り上げた店

 新富町から数分歩いた路地にひっそりとたたずむ、「流石はなれ」。数ある手打ち蕎麦屋でも、この店は一種特異な蕎麦屋かもしれない。

 なるべく目立たず、静かにしていたいという亭主が、訪れる者をさりげなく迎えてくれる。

 客がカウンター席に腰を落としてから、手引き石臼で挽き粉を作り、客の目の前で蕎麦をこねる。鮮やかな手さばきで麺棒を操り、大きな蕎麦包丁で蕎麦布を切る。その手際の良さは、これを見るだけでも価値があると唸らせる。

 “挽きたて、打ちたて、茹でたての三たて”、と蕎麦を少しでも齧ったことがある人は必ず耳にする言葉だが、「はなれ」はその究極のスタイルを創り上げた店だ。

 「こんな蕎麦屋をやれるのは幸運です」、亭主の矢守さんが言う。 

 客にとってはなんとも贅沢なことなのだが、店にとってはいかにも効率が悪いのではないのか。だが、この非効率さこそが客に満足をもたらす、と思考を巡らせた末の選択である。

新富町から歩いて数分、隠れるようにその店はある。「市中の山居」と呼ぶに相応しい佇まい

 確かに都心近くにこのような蕎麦屋を造るのは、よほどの物好きかもしれない。しかし、言い換えれば、このような蕎麦屋に客として入れること、そして誰かを招くことができるのは幸運だろう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    鎌 富志治 [夢ハコンサルティング代表]

    大手広告代理店で営業局長やプロモーション局長を歴任後、東京・神田須田町で手打ち蕎麦屋「夢八」を開店する(現在は閉店)。現在は企業経営コンサルタント、蕎麦コンサルタントとして活躍中。著書に『こだわり蕎麦屋の始め方』(ダイヤモンド社)がある。
    ◎ブログ:蕎麦の散歩道


    こだわり蕎麦屋めぐり

    酒と料理と極上の蕎麦。思わず誰かを連れて行きたくなる、五つ星のもてなしが楽しめる手打ち蕎麦屋。蕎麦が美味いのは当たり前、さらにはそこでしか味わえない料理ともてなしがある店ばかりを厳選。付き合いや接待に良し、大事な人と大事な日に行くも良し。店主がこだわり抜いた極上店の魅力とその楽しみ方を紹介する。

    「こだわり蕎麦屋めぐり」

    ⇒バックナンバー一覧