8月1日、北朝鮮による相次ぐミサイル発射実験で朝鮮半島の緊張が高まるなか、タイに不法入国する北朝鮮人の数が、この数ヵ月間で急増している。写真は、中国との国境を監視する北朝鮮軍の兵士。中国遼寧省で4月撮影(2017年 ロイター/Aly Song)

[バンコク 1日 ロイター] - 北朝鮮による相次ぐミサイル発射実験で朝鮮半島の緊張が高まるなか、タイに不法入国する北朝鮮人の数が、この数ヵ月間で急増している。タイの移民当局者が明らかにした。

 タイは、脱北者に人気の通過ルートとなっている。毎年、数百人の北朝鮮人が中国に逃れてタイにたどり着き、そこから通常は韓国に送られる。

 2016年は535人の北朝鮮人がタイに到着したが、今年は6月末までに385人が入国していることを、ロイターが確認したタイ移民当局のデータは示している。毎週、その数は増え続けている。

「タイ北部だけでも、平均20─30人の北朝鮮人がやって来ている」と、ある移民当局者は匿名でロイターに語った。

 北朝鮮が中国との国境で管理を強化しているにもかかわらず、脱北者数は急増している。北朝鮮による相次ぐ核・ミサイル実験に対し、しびれを切らしつつある米国が警告を発するなど、朝鮮半島の緊張は高まっている。

 だが、韓国の首都ソウルに拠点を置くNGO「北韓人権市民連合」によれば、韓国への脱北者数は今年増えておらず、タイ経由で来る脱北者の全体に占める割合が高まっている可能性があるという。