[ニューヨーク 3日 ロイター] - 3日午前の米金利先物相場は、7月の米供給管理協会(ISM)非製造業指標が市場予想より弱い内容となったことを受け、12月の利上げ予想確率が低下した。

CMEグループのフェドウォッチプログラムによると、米東部夏時間午前10時02分(日本時間午後11時02分)時点で、12月12━13日の連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げに踏み切ると、市場関係者が予想する確率は約48%と、同指標発表直前の50%からやや下がった。