高齢者が多い「黄昏の街」は
女性比率が高め

 1位は福岡市中央区。本稿では女性を100とした場合の男性の数を男女比として扱うが、その数じつに80.3、男4人に対して女が5人だ。以下2位北海道小樽市、3位兵庫県芦屋市、4位北海道函館市、5位青森県五所川原市と続く。政令市の中心部、地方都市、住宅地など、上位の顔ぶれには一見、共通点は見い出しにくい。では女性が多い要因とはなんなのか。

 これを読み解く鍵は、まずは平均年齢である。表に示すように上位30位までの市区町村の多くは平均年齢、そして65歳以上の高齢者比率がともに高い。全国の平均年齢は46.4歳、高齢者比率26.6%であるが、小樽市の52.4歳、37.2%をはじめ、多くの市町村が平均年齢50歳超え、高齢者比率30%超えである。

 つまり、平均年齢の高いこれらの市区町村では、平均余命が長い女性が必然的に多くなるというわけだ。これらの市区町村には他にも人口減少率が高い、人口あたりの病床数が多い、施設等入所者割合(病院や老人ホーム、自衛隊の宿舎、刑務所などで居住している人の割合)が高いなどの高齢化社会に共通したデータの特徴がある。

 大ざっぱに表現すれば「黄昏の街」である。

 一方で人口増加率が全国トップレベルの高さを誇る市区町村にもまた、女性比率が高い傾向が見て取れる。増加率がダントツに高い福岡市中央区、札幌市中央区はじめ大阪市中央区、天王寺区、西区、東京都港区なども男女比は80台で女性が多いのである。これらの市区町村は平均年齢も43歳以下で、若さにも共通点がある。

 さて、なかでも注目はやっぱり福岡市中央区である。この区に女性が多い理由は、1にも2にも20歳代の女性の流入が多いためである。

 全体の年齢構成比率を見てみると、全国平均にくらべて23歳から40歳くらいまでが突出して高い数値となっている。この集団が平均年齢を下げており、しかも男女比率を勘案すると、女性がその突出した部分を構成していることがわかる。