8月2日、これまで長年にわたりエネルギー市場では脇役の座に甘んじていた南アジアだが、このところ液化天然ガス(LNG)市場において脚光を浴びている。写真は2月、シンガポール沿岸を航行するLNGタンカー(2017年 ロイター/Gloystein Henning)

[ダッカ/シンガポール 2日 ロイター] - これまで長年にわたりエネルギー市場では脇役の座に甘んじていた南アジアだが、このところ液化天然ガス(LNG)市場において脚光を浴びている。インドに続いてパキスタンとバングラデシュが大口消費国として台頭しつつあり、ここ数年、グローバルな供給過剰による価格低迷に悩まされてきたLNG市場に救いをもたらしているからだ。

 現在、南アジアでLNGを輸入しているのはインドとパキスタンのみであり、昨年の輸入量は2国合計で2500万トン、グローバル需要の8%相当だった。

 だが人口の急増と力強い経済成長、エネルギー需要の拡大に伴い、パキスタンとバングラデシュを中心に、さらに多くの輸入プロジェクトの開発が進んでいる。

「両国とも、国内ガス田による生産という伝統があるため、充実したガス関連インフラをすでに備えている」と語るのは、エネルギー専門コンサルタント会社ウッドマッケンジーでアジア地域LNG担当主任アナリストを務めるChong Zhi Xin氏。「国内生産は需要に追いついておらず、両国の市場にはLNG輸入に向かう条件が整っている」

 パキスタンがようやく初のLNG輸入に踏み切ったのは2015年だが、最初のLNGターミナルを期限・予算どおりに開発したことは業界の一部に驚きをもって迎えられた。2番目のターミナルもまもなく操業開始予定であり、来年には3番目のターミナルが完成する見込みだ。

 来年にはバングラデシュがLNG輸入国の仲間入りを果たす予定で、アナリストらは、2020年代半ばまでに南アジア地域のLNG輸入量は年間8000万~1億トンに達し、地域別の輸入量としては欧州を抜いて世界第2位となるする可能性があると話している。