[九寨溝(中国四川省) 9日 ロイター] - 中国四川省で8日夜に大きな地震があり、地元政府と国営メディアが9日までに明らかにしたところによると、19人が死亡、247人が負傷した。死者のうち6人は観光客だという。

四川省当局によると、地震の規模を示すマグニチュード(M)は7.0。震源地はチベット族が多く住むアバ・チベット族チャン族自治州で、震源地近くには世界遺産に登録されている観光名所「九寨溝」がある。

米地質調査所(USGS)によると、震源の深さは10キロと推定されている。四川省によると、観光客100人が土砂崩れで身動きが取れなくなっている。

これとは別に、西部の新疆ウイグル自治区で9日朝、M6.6の地震が発生。人民日報によると、32人の負傷者が確認されている。

新華社は9日、四川省の地震があった地域から観光客約3万人が避難したと報道。フランス人男性とカナダ人女性が軽傷を負ったと伝えた。

四川省の消防当局によると、ホテルのロビーが崩壊して人々が閉じ込められたが、2800人が無事救出された。観光客の国籍は不明だが、九寨溝は外国人よりも中国人の間で人気が高い。

国営テレビは、被災地域では現在、大部分で電力が復旧し、また軍当局が救助隊員を派遣していると報じた。九寨溝の空港では、滑走路に被害がないか確認された後、通常通りの業務が行われているという。

四川省政府はソーシャルメディアで、九寨溝を現在訪れている観光客は3万8000人以上と明らかにした。

四川省ではこれまでにもたびたび地震が起こっており、2008年5月の地震では、約7万人が死亡した。

*内容を追加して再送します。