エプソン
ホームプロジェクター「EH-TW650」

 エプソン販売は8月8日、ホーム/ビジネス向けプロジェクター9機種を一斉に発表した。発売は8月30日の予定。

エプソン
3つの液晶を使用する「3LCD」方式を採用
エプソン
EH-TW650の背面端子。2つあるHDMIのうち、1つがMHL対応

 ホーム向けプロジェクター「dreamio」(ドリーミオ)では、税抜直販価格9万9980円で買えるフルHDモデル「EH-TW650」が登場。10万円切る価格帯ながらコントラスト比は15000:1で明るさは3100ルーメンとなる。

 レンズシフトには対応しないが、2.27mの距離から100インチの表示が可能。スマートフォンなどの画面出力が可能なMHL入力も備えている。

エプソン
「EH-TW5650」
エプソン
背面。コンポジットおよびRCA(音声)端子は搭載していない

 また、上位機種となる「EH-TW5650」(予想実売価格 13万円前後)も登場。コントラスト比60000:1の表示が可能で、フレーム補完機能も搭載。より滑らかな映像を表示できる。明るさは2500ルーメン。

 Bluetoothの音声受信に対応するほか、3D映像の表示も可能。レンズシフト機構も搭載する。

エプソン
「EB-X05」
エプソン
コンポジットおよびRCA(音声)端子はあるが、HDMIは1系統だけだ

 ビジネスプロジェクターは「明解」(明るさ・解像度)という新しいプロモーションキーワードの元、スタンダードモデルを刷新し7機種を投入。これまで輝度は3000~3600ルーメンだったが、新機種は3200~3600ルーメンと明るさの向上が図られている。

 ほとんどの機種が従来機種の後継となるが、「EB-X05」は新たに追加された機種となる。ホームプロジェクターとしても展開するモデルで、明るさは3300ルーメン。表示解像度はXGAで、予想実売価格は5万円台半ばとなる。

 
エプソン
他社のDLPプロジェクター(左)と同社の3LCDプロジェクター(右)の比較。無駄な光漏れを極力なくすことで高輝度化を実現