実際、同窓会で久しぶりに会う疲れた男性陣に対し、女性は逆に生き生きとしている。 卒業生がすべて故人となった1920年代のカナダの卒業アルバムの中から、現代の男女大学生に「美人だと思われる女性」を選ばせてその寿命を調べたところ、男子学生に美人と評価された女性は統計的に長命であるという報告がある。この研究で女子学生の評価は寿命と無関係だったことから、美人とは、男性に対してより健康であることをアピールするという進化の上の戦略らしい(美人だから大事にされたのだという反論もあるが)。

 面白いことに、美人の写真を見せて脳の機能をfMRI(機能的磁気共鳴画像診断)で調べると、男性においてのみ側坐核、扁桃体、中脳被蓋など脳の中でも原始的な基底核が活動する。これらは麻薬で興奮する部位である。つまり、カルメンや妲己(だっき)、褒ジ(ほうじ/ジは正しくは女偏に以)など「男子の鉄腸をとろかす」ファム・ファタール(運命の女)は、本当に麻薬だったのである。

 一方、ふるまいの美しさを感じると、より広範に大脳皮質が活性化し、見る人をリラ
ックスさせるという。この場合は男性でも女性でも差はない。

 美しさを保つ女性は、本人が長生きするだけでなく、周囲にも好影響を与えるのである。

AERA dot.より転載