もし、これらの形状がフレキシブルなスマホをつくりたいという理由だけでアップルが有機ELの採用を決め、JDIの液晶パネルのオーダーが減って経営が傾いたのであるとすれば、アップルにとってもJDIにとっても非常に不幸な話である。なぜならば、これらのフレキシブルな形状はJDIの液晶技術でもできてしまうからだ。

 ただし、今回のiPhoneには間に合わなかったのが残念なところである。JDIのフルアクティブ技術は、四隅の額縁を有機EL同様に細くし、フレキシブルな形状にも対応する液晶技術である。簡単な話、これから登場するであろう有機ELのiPhoneと同じパネルを液晶技術でつくれてしまうということだ。

 有機ELにしかできないアプリケーションがあるとすれば、指紋センサーをパネルの裏面に配置して透過型のセンサーにすることくらいだが、それは今回見送られたらしい。液晶はバックライトを持っているのでパネルの裏面にセンサーを置くことは難しいが、有機ELであれば、自発光の薄いパネルの裏に透過型のセンサーを埋め込むこともできたかもしれない。

 しかし、galaxy S8では指紋センサーは本体裏面に位置しているし、どうやらiPhoneでは指紋センサー自体をなくすようであり、理由は同様で透過型センサーが不可能であったからであろう。そうならばフルアクティブでも十分に対応できるはずである。

サムスン乗り換えの必要はあったか?
アップルとJDIの不幸なすれ違い

 サムスンとアップルはスマホ市場で1位と2位を争う競合メーカーであり、アップルとしてはできるだけサムスンに頼らない製品開発をしたいはずだ。それはiPhoneの製造企業である台湾鴻海精密工業にとっても同じである。JDIはこれまでiPhone向けに多くの液晶パネルを提供してきたベンダーであり、アップル、鴻海とともに対サムスンで戦ってきたいわば仲間であった。

 しかし、アップルがサムスンの有機ELを採用したことでJDIの供給が減り、JDIの経営を圧迫した格好になっている。しかも、サムスンの有機ELでなければできないことをするのではなく、JDIでも対応できるものであったとしたら、残念でならない。もちろん、アップルは毎年秋に新製品を発表しているので、アップルの製品サイクルに間に合うようにJDIがパネルの開発、製造ができなかったということが一番の問題ではあるが。