[北京 9日 ロイター] - 関係筋によると、中国は鉄鋼価格の上昇について話し合うため監督当局や取引所、業界幹部の会合を招集した。

中国鉄鋼工業協会(CISA)の関係者が明らかにしたところによると、会合は国家発展改革委員会(NDRC)が主催し、鉄鋼の先物および現物価格について話し合う。

中国では、政府が大気汚染対策や業界再編の一環として冬までに老朽化した工場を閉鎖し需給が引き締まるとの思惑から、鉄筋先物<SRBcv1>が年初来6割程度上昇。9日も4年半ぶり高値近辺を付けている。

CISA関係者によると、会合には工業情報省や中国証券監督管理委員会(CSRC)の当局者に加え、上海先物取引所や大手企業の幹部が出席を求められている。

別の業界関係者は会合に出席することを明らかにしたが、詳細には踏み込まなかった。