99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレントまで、世界最古の『易経(えききょう)』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化した『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売前から話題となっている。
「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、人間は9タイプしかいないと断言。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消、2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかる、という著者にこっそり語ってもらった。

人間関係の“悩み”“ストレス”が
生まれる2つの原因

 そもそもなぜ、人間関係に“悩み”“ストレス”が生まれるのでしょうか?

●あの人と、なんだかうまくつき合えないから
●話が合わないから
●相手が嫌いだから

 理由はいろいろあると思います。
 人間関係に悩みやストレスが生じる根本的な“原因”のひとつに、「相手の気を知らない(理解していない)」ことがあります。
 相手の気とは、相手の性格が映し出す“気性”のこと。

「これは統計上こうだから……」と、理論ばかりを強調する人。
「とりあえずやってみればいいじゃん!」と、威勢だけはいい人。
「僕はいいから、君の食べたいものを食べに行こう」といつも自己主張をしない人。
「何でこんな簡単なこともできないの?」と、すぐに怒りをあらわにする人。
「○○ちゃん、最近太った?」と、何でもかんでもストレートに発言してしまう人。

 こういった日々の言動にもみられるのが、その人の性格が映し出す“気性”です。
 この気性に対して、

「自分とタイプが違うから調子が合わないな……」
「できるなら近づきたくない……」

 と、自分の土俵でしか相手を見ないような一方通行の思考だと、自分とは違う面ばかりを強く意識してしまい、その人とのコミュニケーションが億劫になって、“悩み”や“ストレス”が生まれます。

 人間は一人ひとり違うからこそ、気性も違って当然なのです。
 この気性の違いを理解しないと、対人関係のストレスは、生きている間、あなたを永久に襲い続けることになります。