99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち重版となり、話題沸騰中。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか? 2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった(文中敬称略)。 

強い意志で
“夢を追い続ける”旅人

『9code(ナインコード)占い』では、人間を地球生命体の一部と考え、どんな人間も「生年月日」で次の9タイプに分けられます(『9code(ナインコード)』判定法は本書にあります)。

1.水の一白(いっぱく)
2.大地の二黒(じこく)
3.雷の三碧(さんぺき)
4.風の四緑(しろく)
5.ガイアの五黄(ごおう)
6.天の六白(ろっぱく)
7.湖の七赤(しちせき)
8.山の八白(はっぱく)
9.火の九紫(きゅうし)

「雷の三碧」は、暗闇を強烈な光で明るく照らすように、先がわからない未来を自らの強烈な意志と勇気で切り拓いていく人です。

 そして三碧の「碧」は、キラキラと輝く碧(あお)で力強いイメージを持っています。
 原典である『易経』には「震為雷(しんいらい)」とあり、この特性は、インスピレーションに従い、勇気を持って未来志向で前進することで、大きな成果を挙げる人です。

「震為雷」とは雷が鳴り響き、大地や空気がビリビリと震えるさまを表します。
 雷が天と大地を切り拓くように、雷の三碧人も、人生の試練や困難を切り拓いて物事を発展させていける自信があることを指しています。

 仮に、雷の三碧人を別の言葉で言い換えるならば、「夢追い人」という言葉がピッタリでしょう。
「雷の三碧」は、とことん未来に可能性を見出す人です。夢の実現のために上昇志向を持つタイプなのです。

 幕末、明治維新の立役者の一人として活躍した坂本龍馬も「雷の三碧」です。
 脱藩という当時ではありえない大胆な決断をし、田舎を飛び出て国のために命をかけ続けました。

 龍馬の名言にある「日本を今一度洗濯し候(そうろう)」は、既成概念を打破して新秩序をもたらすという意味で《洗濯》という表現を使いつつ、独自のインスピレーションで改革を進めていたのも「雷の三碧」らしいといえましょう。

 雷の三碧人の、その明朗活発な気性がのぼり進んだとき、「未来を見通す力」と「独創性」が全開になります。

 自分の理想が社会の幸福につながっていれば、これ以上ない幸せを感じるのが雷の三碧人の特徴です。
 そのエネルギー量は、時代の流れを変える大事業をも一代で成功させられる力があります。