比較でわかった1万円以下完全ワイヤレスイヤフォンのおススメと注意点

 スマートフォンからステレオミニジャックが消えつつある今、伸び盛りの製品カテゴリー「トゥルーワイヤレスイヤフォン」。しかし新しいカテゴリーゆえ、なかなか選びどころがわからない。

 そこでトゥルーワイヤレスイヤフォンにはどんな製品があるのか、価格帯別に概観してみよう。というのがこの稿のテーマ。2017年6月末までに発売された製品レビューのまとめである。

 価格はe☆イヤホンの販売価格を参考につつ、抜税価格でアンダー1万円(0-9999円)、1万円台(1万-1万9999円)、2万円オーバー(2万-∞)の3クラスに分けた。価格の違いはどこに現れるのか、予算に応じてなにを基準に選べばいいのか。レビューワーである私個人も、それが知りたかった。

 初回は、アンダー1万円クラス。低価格化がトレンドとはいえ、この価格帯の製品は、まだ数えるほどしかない。実際、我々がテストできたのは3機種だけ。しかし、それぞれ見どころがあっておもしろい。

今回のテスト機種

ERATO Rio3  9880円(税込1万670円)
VAVA MOOV 20(VA-BH001)  9259円(税込9999円)
GRDE S-E6 4612円(税込4980円)

アンダー1万円は「Amazonチャレンジクラス」

 先に「この価格帯の製品は数えるほどしかない」と書いたが、これは日本国内に代理店がある製品に限ったこと。Amazonをはじめとする通販サイトでは、同価格帯の製品が山のようにある。むしろ1万円を超えるようなものはまれで、中には2000円を切るようなものまであるから驚きだ。

 オーディオ専門媒体ならともかく、IT系の媒体としてはそうした製品も試してみなければ片手落ちというものだろう。だが、多くが中国製の通販専売品ゆえ、日本語の説明文がおかしかったり、どう見てもまったく同じ製品にしか見えないものが、まったく別のブランドと商品名で売られていたりすることもある。いろいろ怪しい。

 しかし、モノの良し悪しとは関係ないはず。で、いくつか買ってみた。その結果を言うなら、一か八かだ。当たりハズレが大きすぎる。それは決して品質の問題ではない。

 トゥルーワイヤレスイヤフォンはBluetoothを利用したオーディオ機器なので、国内で使用するには日本の技適証明を得ている必要がある。しかし、手続きをとっていないものが結構あるのだ。

 ちなみに技適マークのない製品を売っても、売る側の違法性は問われない。違法になるのは実際に使った人、つまり末端の消費者である。なんだか理不尽な話だが、そういう決まりなので仕方がない。

 通販専売品の場合は、そのリスクを承知の上で買わけなればならない。ゆえに、この価格帯を「Amazonチャレンジクラス」と呼びたい。

Amazonチャレンジ成功例「GRDE S-E6」

 やっと使えるものに当たったのが「GRDE S-E6」という製品。ほかにもっと優秀な機種もあるのかもしれないが、これに当たったところで予算は尽きた。Amazonチャレンジの一例として見てほしい。

AirPodsの半額以下、格安全ワイヤレスイヤフォンが意外と良い
「GRDE S-E6」の認証番号は左右別で、204-620392と204-620393。この番号は総務省のウェブ「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」でも確認できた

 販売価格は税込で4880円。一般流通品なら価格破壊的な設定だが、Amazon基準ではちょっと高いかなくらいのポジション。Bluetooth 4.1+EDR対応で、ヘッドセット機能を持つ防滴タイプ。対応コーデックは特に記載がない。

 が、Bluetooth周りの性能は、1万円台の製品よりいい部分もある。まずフェージングが少なく、バッテリーがフルチャージならまず起こらない。そして動画再生時の音声遅延も完全にゼロではないが、ほかに比べるとかなり少ない。

 音楽ビデオで速いパッセージのフレーズなら、奏者の動きと音がズレていることはわかる。映画でも役者の唇の動きと台詞が、ちょっと浮いているようにも見える。しかし1万円オーバーでも、これよりズレの大きなものは普通にあるし、アンダー1万円クラスではベストの性能だった。

 一度ペアリングしてしまえば、後は電源を入れるだけで、左右イヤホン間もスマートフォンとの接続も自動。このへんの使いやすさも上の価格帯と変わらない。ドライバーは8mm口径のダイナミック型。低域はちょっと軽いし、中高域は少しラフだが、この値段で音質まで完璧だったら、逆に困ってしまう。

 難点はハウジングが大きいことによる装着安定性。重さは片側6.7g(実測値)で、見た目よりは軽いが、外側に出ている部分が大きく、テコの力が働いてイヤーピースに全体がぶら下がる格好になる。だからスタビライザーは必須だし、イヤーピースが浮きがちになるのでフィッティングも難航する。

 とはいえ、Bluetooth周りの性能は1万円オーバークラス並。おためし的に買うなら悪くはないように思えた。取扱説明書には(おそらくネイティブの校正は入っていないのだろうが、読んで理解はできる)日本語での記載もある。

 そして結構なお金をドブに捨てた経験を踏まえ、これからAmazonチャレンジに挑もうとする方に一言アドバイスを送るとすれば、やっぱり販売ページの日本語が怪しいものは止めた方がいい。

■製品レビューはこちら

本体だけで6時間再生「ERATO Rio3」

 トゥルーワイヤレスは左右両方のイヤフォンに電源が必要。ここに一日使えるだけの十分な容量のバッテリーを入れると、イヤフォンは大きく重くなって大変。そこで大抵は50mAh前後のバッテリーを積み、連続再生時間2~4時間程度で妥協している。

 1万円以上のクラスにバッテリー内蔵の充電ケースが付くのは、それを補うためだし、付かない機種でもモバイルバッテリーがあれば、いくらでもリチャージはできる。

 でも継ぎ足し充電は煩わしい。充電用のUSBケーブルのように細々としたものを持ち歩くのは嫌だ。という方のために、本体に130mAhのバッテリーを搭載し、堂々の連続再生6時間を実現したのが「ERATO Rio3」。もちろん国内に正規販売代理店のある、安心して買える物件だ。

1万円の完全ワイヤレスイヤフォン「Rio3」の大きさはアリかなしか

 当然ながら大きく重い。軽量クラスで片側4g前後、特に軽さをウリにしない製品で6~9gという世界で、Rio3の14gはヘヴィー級だ。

 そこで大型のイヤーハンガーを付けて重さを支え、IPX5準拠の防滴仕様スポーツタイプとしてまとめたのが、この商品企画のおもしろいところ。ついでにトゥルーワイヤレスとしては珍しい14.2mmの大口径ドライバーユニットを載せて、低域を効かせたチューニングになっている。ここまでやってくれれば重さを納得できる。

 欠点は動画再生時の音声ズレ。標準より大幅に大きく、音楽、映画に関わらず動画の視聴には向かない。が、そこに期待しなければ、タフなイヤフォンとしておもしろい存在だ。

■製品レビューはこちら

「VAVA MOOV 20」アンダー1万円で最高の音質

 「1万円以下でも安心して買えて、音が良いのをください」という要望に対しては「VAVA MOOV 20(VA-BH001)」で決まりではないかと思う。充電ケースが付かないだけで、機能的にも音質的にも1万円台後半のモデルと遜色ない。

 充電用のUSB端子はむき出しながら、ナノコーティングによるIPX4相当の防滴仕様。充電時に、USB端子のキャップを開け閉めする必要がなくて、とても扱いやすい。このクラスとしては珍しく、コーデックはAACやaptXに対応する(ただしe☆イヤホン扱い品のみ)。

 機構的におもしろいのは、イヤーピースの下、ノズルの根元を覆うシリコンカバー。これが装着安定性の向上と同時に、耳孔の周辺をふさぐことで、音抜けを防いで低域をロスなく伝えてくる。高域の特性も暴れが少なく、フラットにまとまっている。あれこれ比べてみて、これで1万円しないというのは驚き。

1万円で高音質、特殊防水の完全ワイヤレスイヤフォンが面白い
充電は付属のUSBケーブルで。バッテリーの持続時間が短いのでリチャージの頻度は高い

 でも完璧ではない。惜しい点は2つ。連続2時間という再生時間。ここはもう少し頑張ってほしかった。もうひとつは、オーディオの遅延が大きいこと。動画の音声ズレが少々大きく、音楽ビデオはもとより、映画の鑑賞にもストレスを感じる。

 が、音楽を聴くだけならなんの問題もない。「モバイルバッテリーで充電するから全然平気」「ギガが減るからスマホでYouTubeなんか観ない」という方には絶好の製品ではないかと思う。

■製品レビューはこちら

 次回はトゥルーワイヤレスイヤフォンの激戦区、1万円台の製品をまとめてみよう。