[ソウル 14日 ロイター] - 韓国国防省のソ・ジュソク次官は北朝鮮について、ミサイルの大気圏再突入技術はまだ確立していないとみられ、確立するには少なくともあと1、2年はかかるとの見方を示した。一方、核弾頭の小型化能力は急速に進歩しているとした。

同次官は13日、韓国放送公社(KBS)の番組で「米国と韓国はともに、北朝鮮が再突入技術を完全に獲得したとは判断していない」と発言。「われわれは北朝鮮がそのポイントに到達したとは思っていないが、そのポイントに近付いていることは確かだ。正確な到達時期を示すことはできないが、少なくともあと1─2年はかかるだろう」と述べた。

また、北朝鮮は核実験を含む挑発行為を続けるとみられるものの、北朝鮮が実際に軍事衝突を引き起こすような大きなリスクは感じていないとした。