[シュライツ(ドイツ 14日 ロイター] - ドイツのショイブレ財務相は14日、欧州中央銀行(ECB)の超低金利政策は予見可能な将来に引き揚げられるとの見方を示した。ただ金利は低水準にとどまるとした。

同財務相は選挙活動の遊説先で「ドイツ経済の力強さ、および上昇しつつあるユーロ相場に照らし合わせて金利が低過ぎると真剣に議論する人はいない」と指摘。ECBが非常に拡張的な金融政策の緩やかな解除に向け、9月の理事会で一段と踏み込んだ措置をとると多くの人が予想していると述べた。

ただ超緩和的な政策を引き揚げるにあたりECBは慎重に対応する必要があるとし、「うまくいくことを望んでいる」と述べた。

ショイブレ財務相はまた、ECBの低金利政策について「快く思っていない」とも述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)